HOME ---> 活動紹介 ---> 土佐の山を見るツアー2003

土佐の山を見るツアー2003

[2003年5月14日(土) 1日目]

08:00 大阪 出発

13:30 吾川村『引地茶屋』にて昼食
       小型バス(2台)に乗換え。
   
15:15 鳥形山鉱山 見学
       実際の作業現場を見学!

16:10 鳥形山森林植物公園 散策
   
17:00 鳥形山 出発
    
17:45 仁淀村観光センター 着
       観光センターの周辺は大きな大渡ダム公園内にあります。
       時間がございましたら、ぜひ散策してみて下さい!

18:30  夕食
        季節の旬などを大皿に盛込んだ豪快な皿鉢料理です。


[2003年5月15日(日) 2日目]
      出発まで大渡ダム公園内で自由散策。
08:30 仁淀村観光センター 出発

09:00 秋葉神社 参拝
       参拝後、仁淀村の森林見学をします。

10:15 佐川木材団地 見学
     
11:30 昼食の前に、高知の名酒『司牡丹』の産直ギャラリー 立寄り

12:00 佐川町 大正軒 昼食
       清流 仁淀川で育ったうなぎです!

13:00 佐川町 出発
    
14:00 高知市 日曜市 <自由行動>

15:30 大型バス駐車場 集合 帰路 大阪へ

20:00 大阪 到着

第3回土佐の山を見るバスツアーに行ってきました。
今年は石灰鉱山の鳥形山がある仁淀村と、佐川町の佐川木材団地をメインに訪問。参加者23人とスタッフ7人、総勢30人の和気あいあいとしたツアーとなりました。
 最初に訪れたのは、バス内で多数決をとって決まった「芋けんぴの製造直売店」地元の方のお勧めもあって、皆さん(スタッフも含め)たくさん買っておられました。
imokenpi.gif

その後、吾川村で昼食と名物おでんを食べ、
030517-135819.gif

小型バス2台に乗り換えて仁淀村の鳥形山へ。道中、仁淀村役場の方から村や名所について車窓から眺めながら説明して頂きました。
030517-144901.gif

鳥形山はコンクリートの原料となる石灰石を採掘しています。採掘現場の広さはなんと100ha!最大積載量180トンの超大型ダンプ030517-160024.gif

1回で40トンもすくえるタイヤショベルが行きかいます。見るもの全てが巨大でダイナミック!とても山の頂上とは思えない風景に、参加者の皆さんは驚きの連続だったようです。見学を終えて巨大なタイヤショベルを背景に集合写真を撮った後は、
050115-175022.gif

同じく鳥形山にある森林植物公園へ。石灰の採掘が始まる前に、森林植物を守ろうと自生していた植物を移植して、遊歩道や展望台などを設置した森林植物公園。植物に詳しい地元の方に説明をして頂きながら、のんびり森林浴を満喫しました。
今回の宿泊先となった仁淀村観光センターは広大な大渡ダム公園内にあり、館内に歴史民族資料室がある「青年の家」的な宿でした。夕食は色とりどりに盛られた土佐名物「皿鉢料理」と高知のおいしいお酒をたっぷり頂き、1日目は終了となりました。
030517-185423.gif

2日目は出発まで時間に余裕があったので、公園内で自由にくつろいで頂きました。皆さんそれぞれに散歩を楽しまれたようで、出発後のバス内では本当にすがすがしい顔!をしておられました。そして、土佐3大祭りの一つ「秋葉祭り」で有名な「秋葉神社」を見学し、宮司さんにお祓いをして頂きました。
030518-090448.gif

そして、仁淀村内の間伐後の様子を車窓から見学し、杉のご神木が多く残っている「春日神社」に立寄った後は、2つ目の目玉である佐川木材団地へ向いました。佐川木材団地の製材工場では、大きな音をたてながら機械の正確な動きと共に木が切られていく様子に、参加者の皆さんは目が釘付け。山から切り出された丸太が太さ別に仕分けされ、建材となるまでの一連の過程を見学しました。
030518-104431.gif

その後、高知の銘酒「司牡丹」の酒蔵にある産直ギャラリーに立寄って、たくさん試飲をしてお土産を買い込んだ後は、佐川でうまいものといえば誰もが認めるうなぎ料理の老舗「大正軒」でうなぎづくしの定食を頂きました。
IMG_0180.jpg

そしてラストは約1,200件もの露店がならぶ高知市の日曜市です。みなさんそれぞれにたっぷりと買い物を楽しんでいました。
030518-145718.gif

集合時間の3:30には無事全員が集まり、大阪へ向けて出発。到着予定時間20:00の10分過ぎ頃、大阪は梅田へ到着し、ツアーは終了となりました。最後に、休みの日にも関わらずご協力下さった高知の皆さん、本当にありがとうございました!


【追記】
今回は、「土佐の山」といいましても、木ではなくコンクリート(住宅において土台下の基礎となる部分に使われています。)の原料「石灰石」の採掘鉱山がメインとなり、いつもに増して貴重な体験となりました。鳥形山は全てが規格外!の巨大な作業現場。ついでにお隣の植物公園は高山植物の他、自生する大麻など、こちらも普段ではお目にかかれないものを見学。私たちスタッフにとってもいい経験となりました。初日は、昼食場所で名物おでんに夢中になってしまい食事代を払い忘れるといった、ぷちハプニングもありましたが・・・、今回も無事大成功に終わることができました。