HOME ---> 活動紹介 ---> 土佐の山を見るツアー2004

土佐の山を見るツアー2004

[2004年5月15日(土) 1日目]
08:00 大阪 出発

 
12:10 南国市 岡豊城にて昼食
       鰹たたき定食です。
 
14:00 田中石灰工業 見学
       土佐漆喰の製造現場を見学します。

15:10 エコアス馬路村 立寄り
       高知県北東部にある馬路村のアンテナショップ

<途中トイレ休憩・マイクロバスに乗換え>

17:00 ゆの森の温泉 入浴
18:00 ゆの森 出発

18:40 吾川スカイパーク(宿) 到着

19:00 夕食
       地元産の食材をつかった皿鉢料理とアマゴの塩焼き・・・。


[2004年5月16日(日) 2日目]
08:30 吾川スカイパークの付近で伐採見学
09:00 吾川スカイパーク 出発

10:00 越智町 自然の森博物館 見学
       安藤忠雄氏がてがけた博物館。
       化石や横倉山の植物などが展示されています。

10:55 佐川木材団地 見学
     
11:30 昼食の前に、高知の名酒『司牡丹』の産直ギャラリー 立寄り

12:00 佐川町 大正軒にて昼食
       清流 仁淀川で育ったうなぎです!

12:40 佐川町 出発
    
14:00 高知市 日曜市 <自由行動> 約1時間

15:00 大型バス駐車場 集合 帰路 大阪へ

20:00 大阪 到着

第4回 土佐の山を見るバスツアーに行ってきました。
不安定な天気のため傘が手放せない2日間でしたが、なんとか全ての見学先を訪問することができました。今回は、土佐漆喰で私たちがお世話になっている田中石灰工業さんと、深い大自然が残る吾川村(2005年8月より仁淀川町となります)をメインに訪問しました。
050115-175248.gif
最初の見学先は、コークスを使った昔ながらの工法で土佐漆喰を作り続けている田中石灰工業さん。見るもの全てが珍しいものばかりのせいか、参加者の皆さんは終始目が釘付け。かなり値の張る素材ですが、その良さは充分におわかり頂けたように思います。
tanaka-s.gif
その後、高知県馬路村の情報館「エコアス馬路村(高知市)」、
ekoasu.gif
芋けんぴ製造直売店に立ち寄ってごっそりとお土産を購入してから吾川村の宿へ。途中、「土佐の木の家づくり協議会」ご愛用?の「中津渓谷 ゆの森」でしとしと雨が降る中、時間を気にしつつもゆっくりと温泉に浸かって身体を温めてから、宿へ向かいました。
今回の夕食は、なんと雨降りにも関わらずバーベキュー!
skypark.gif
パラグライダーを真似てつくったという吾川村の秘密兵器「エアドーム」を特別にお借りして、雨がザーザーと降りしきる中での夕食となりました。(なかなか?いやもう二度とできない体験だったように思います。)バーベキューの他に、アマゴの塩焼きや朴葉にくるんだみそ焼き、吾川村ならでは郷土料理をいただきました。肝心?のお酒は吾川村の方々が事前に作って下さったお手製の竹筒に入れ炭火で温め、同じく竹のおちょこで頂きました。ほんっとにおいしかったです!
2日目は、早朝から釣堀でアマゴ釣りを体験。
050115-175250.gif
その後、土佐杉の伐採の様子を見学して吾川村を後にしました。吾川村で山を満喫した後は、土佐の「環境」を知るべく山のふもとを散策です。まず、建築界の巨匠 安藤忠雄氏が手がけた「自然の森博物館」を見学し、
2004.5.15-16 047.gifその後「土佐の木の家づくり協議会」が土佐材のプレカットでお世話になっている「佐川木材団地」で、土佐材が丸太から建材に生まれ変わるまでの過程を一通り見学。日曜のため製材工場は稼動していませんでしたが、工場長が懇切丁寧に説明して下さいました。
050115-175252.gif
製材工場を見学した後は、佐川町の銘酒「司牡丹」の酒蔵ギャラリーに立寄っておいしいお酒を試飲して、お待ちかね(スタッフが!?)鰻料理の老舗「大正軒」で鰻づくしの昼食をいただきました。
050115-175253.gif
ラストは、食後の運動がてら?高知市の名物「日曜市」で、ぶらぶら歩きながらお買い物を楽しんで、今回のツアーは終了となりました。

【追記】
今回は梅雨入り間近ということもあって、天気には恵まれませんでしたが、内容を変更・繰上げすることもなくぶじ終えることができました。雨の中でのバーベキューには参りました(せっかく温泉で温まったのに部屋へ戻る頃には身体は冷え切っていました)が、とても楽しいツアーだったように思います。ツアーの2日も前から山にこもってバーベキューの準備をして下さった吾川村の方々、そしてこのツアーにご協力くださった高知の皆さん、本当にありがとうございました!