HOME ---> 活動紹介 ---> 05/10/30(日) 『国産材の土佐杉を使った地熱住宅プロジェクトモデルハウス構造見学会』レポート

05/10/30(日) 『国産材の土佐杉を使った地熱住宅プロジェクトモデルハウス構造見学会』レポート

第2回地熱住宅構造見学会こんにちは。池田住宅建設の酒匂です。

きれいな秋晴れの、たいへん気持ちのよいお天気。絶好の見学会日和でした。
16組ものお客さまにお越し頂きました。どうもありがとうございました!

今回は地熱住宅ということで、構造が特殊です。今回の見学会は、地熱住宅の仕組みを自分の目で見ていただける数少ない機会でした。

会場内の様子。参加者のみなさん熱心にPOPをご覧になっています
みなさん、熱心にPOP(現場に張ってあるスタッフ手づくりの説明書き)に見入ってくださっていました。
しかし、あれだけ沢山のPOPを見るのは、一苦労だったのではないでしょうか…?でも、その分、地熱住宅のしくみを少しでも分かっていただけたかな?・・・

リビング中央にある土佐ヒノキの丸太梁左の写真に写っている梁が見えるでしょうか?これは土佐産ヒノキの丸太です。
なんとなく、なつかしくて力強い感じがしませんか?

田舎や町屋などで時々見かけることのある丸太ですが、わたしは新築の家で見かけたことはありませんでした。『手間が掛かるから』というのが、なかなか使われない理由だそうです。でも、これがあるだけで、グッと印象が変わるんですね!家を支えてる!という感じがします。
お客様にも、『ほんとうに立派な家やね〜、造りもしっかりしてる!』とお褒めの言葉をいただきました。ありがとうございます!

外観にも、すごく『和』の雰囲気が出ていました。今回の敷地になっているのは、猪名川パークタウンという住宅地なのですが、やはり洋風の家が多かったです。その中で、この家はひときわ目立っています。

北側の景色はとってもきれいでした!今回のプランニングの中で、一番見ていただきたかった『2階リビングから眺める景色』も、良いお天気であったこともあり、いつも以上にきれいな景色でした。本当に晴れてよかった〜。

完成見学会の時にもお天気が良い事を祈っています!

(※『国産材の土佐杉を使った地熱住宅プロジェクトモデルハウス』の工事進捗情報は随時こちらにUPされています。たくさんのこだわりが詰め込まれている家ですので、大工さんも日々奮闘なさっています!)