HOME ---> 活動紹介 ---> 土佐の山を見るツアー2006 春

土佐の山を見るツアー2006 春

[2006年5月20日(土)〜21日(日)]
こんにちは。池田住宅建設の酒匂です。
お客様とご一緒に高知県・土佐へ、家づくりの材料の産地を見に行ってきました!
前日まで雨の予報だったので冷や冷やしていましたが、とっても良いお天気になりました!

〜まずは1日目〜

岡豊城にて8時過ぎに当社事務所を出発し、バスに揺られて約4時間。

今回は、テーブルをイスで囲う形にできるサロン型バスだったので、みんなでワイワイとお菓子を囲んだりしてる内に、高知県にある岡豊城(オコウジョウ)というお城の近くにあるレストランに着きました。


岡豊城の鰹のタタキ定食お腹が減っていたので、ご飯の写真をとることをすっかり忘れていましたが(すみません!)、岡豊城で『鰹のタタキ定食』をお昼に頂きました。
さすが、本場の味。鮮度が違います!

「新鮮で美味しかった!」
「土佐の名物、食べれて良かった〜」というお声を頂けました。

田中石灰工業案内をして下さる佐川プレカットさんと合流し、1時間ほどで田中石灰工業さんに到着しました。 こちらでは、伝統的な土佐漆喰の製造過程を見せて頂くことができます。 最初に石灰岩を焼いている炉を見学。次に、土佐漆喰に混ぜる『わらすさ』の発酵を見せて頂きました。
わらすさの発酵「覚悟してください」と言われながら小屋を覗いて見ると 「うわっ!くさい〜〜!」

牛小屋のような臭い…。
「そうなんです、牛の腸にいる微生物と同じものがいてます」とのこと。石灰と混ぜると全く臭わなくなるそうです。

去年は、わらすさの種類が変わり発酵が上手くいかなった時があったそうです。色々な試行錯誤の末、無事発酵しているんですね!

田中石灰工業さんで最後に見せて頂いたのが、こちら↓
何だか、分かりますか??
石灰を採るため切り崩した山
田中石灰工業さんの裏手にある池なんですが、この山を切り崩して石灰岩を採ったため、今ではその跡が池になっているんです。すごい絶景でした!写真に写ってるトラックがこんなに小さく見えるくらい、大きな池でしたよ〜。

土佐和紙博物館次に向かったのは、土佐和紙博物館
予定にはなかったんですが、時間に余裕があったので訪れることが出来ました。
今、計画中のコンセプト住宅が平屋になるので「こんな雰囲気、いいですねー」と現場監督の軒さんと考えたりしました。土佐漆喰も使われており、「さっき見た漆喰がこんな風になるんだねー」と、和紙よりも建物に興味深々に。

次は、池田住宅で使っている木材を加工して下さっている佐川プレカットさんへ向かいました。

ビンゴゲーム道中、佐川プレカットさんがビンゴゲームを開催して下さって盛り上がりました。
池田住宅のスタッフがお客様より先に上がってしまい、佐川プレカットさんに「空気読んでください〜〜」と言われてしまう場面も…。
でも全員分、賞品を用意して下さっていたので、最後はみんな大満足になりました。よかった〜。

佐川プレカットさんに到着。木材の加工をしている現場を見せて頂きました。

さて、これは何をしているところでしょうか??↓

木材を大きさによって選別しているところなんです。

こういう機械化されたところもあるんですが、
佐川プレカットさんの一番の魅力はここです。↓

大工さんが手加工をしているんです。

通常プレカットと言えば、自動で木材を刻んでいくことを想像しますが違うんです。他では考えられないことですが、だからこそ複雑な加工が可能になります。

佐川プレカットさん竣工その後、リタイアなさったご夫婦がお建てになったお宅を見せて頂きました。完成したばかりです。
仁淀川がすぐそばにあって、本当に良い環境のところ。うらやましい…。私も早くリタイアしたい〜。(と言ったら「若いのに何言ってるの!」と怒られちゃいました)

ゆの森そして夕方6時ごろに温泉宿『ゆの森』に到着しました。

ゆっくり温泉に浸かった後は…

夕食です!!
新鮮なお魚が沢山でとっても美味しかったです。

ゆの森での夕食四万十川の源流近く、深い緑に囲まれた大正町から駆けつけて下さった竹内さんのお話も伺うことが出来ました。
大正町森林組合では、四万十ヒノキの集成材を家具や床材に加工なさっています。

集成材(シュウセイザイ)ってみなさんご存知でしょうか?

木が育つためには、ただ植えれば良いのではなく過密状態になるのを防ぐために間伐する(木を適度に間引く)ことも必要です。従来、この間伐材は殆どが捨てられていたそうです。
間伐材といっても、10年20年と生きてきた木。この木に利用価値を与え、それによって森が荒れるのを防いでいこうという試みを、大正町では行っておられます。

良くないイメージも持たれることもある集成材ですが、こういった側面があることを多くの人に理解して頂けたら、と思いました。

その竹内さんがお土産に持ってきて下さった『ダバダ火振り』という栗焼酎、と〜っても飲みやすくて、普段は焼酎が苦手な私もドンドン…。すっかり私まで良い気分になってしまいました。


〜2日目〜

この日も引き続いて良いお天気でした。

ゆの森の前の仁淀川温泉宿ゆの森は、仁淀川のホントにすぐ側にあります。
たまに自然の豊かなところに来ると本当に癒されますね…。

お客様の中には、往復1時間程かけて展望台にまで散歩に行かれた方も。
「この風景を見られただけでも来た価値あったねっていうくらいキレイでしたよ!」とのこと。私も早起きしたら良かった…!

<--これは、鯉のぼりの川渡しです。こんな風に縦糸を張って飾る方法は初めて見ました。


朝食の後、20分ほどバスで山を登り池川林材さんへ到着しました。
お休みの日だったのに、見せて頂きありがとうございました。

池川林材さんは、古き良き体質の材木屋さん。
早速、工場内を見学。おっきなヒノキを製材しているところを見せてもらいました。

池川林材さんの倉庫その後、事務所の中で会長さんから、家を長持ちさせる秘訣や、山のお話を伺いました。

木材を保管している倉庫を見せてもらいました。その倉庫の外壁も木材で出来ています。ところどころ隙間があるように造られています。適度な通気が木を乾燥させるのに良いそうです。


池川林材さんの木材倉庫の中には、木材が沢山置いてありましたよ。良い材料をじっくりと育てておられます。バブル期から嫁ぎ先を待っている立派なカウンター材なんかもありました。

↓↓

古民家再生次に、向かったのは司牡丹酒造。
その道中で、古民家を再生しているお宅を発見。ご了承を頂き、急遽見学させて頂きました。木材が古びている様子は美しいなと感じました。そこが木造の魅力ではないかなと思います。

司牡丹酒造土佐の日本酒は辛口なので有名。私もここ司牡丹のお酒はスッキリしていて好きです。沢山試飲させてもらいました。

↓↓

そうこうしている内に、お昼ご飯の時間に。大正軒へ。
大正軒名物、鰻尽くしです。土佐と言えば大正軒の鰻、というくらい心に刻み込まれる味です。身のボリューム、柔らかさが全然違います。皮がパリっと焼けてて美味しい〜。
お客様からも、「もうスーパーの鰻は食べられない!」という声が。

↓↓

日曜市最後に、時間に余裕があったので高知城日曜市に寄り道。
柑橘類が大好きな母へのお土産に、文旦と小夏を山ほど買い込みました。お客様の中にも小夏が大好きという方がいらっしゃって、同じように沢山買っておられました。

↓↓

そして帰路へ…。
夜8時頃、当社事務所に到着。みなさん2日間お疲れさまでした!!
最後にお客様に書いて頂いたアンケートの一部をご紹介します。



・特に池川林材さんでの見学は最も印象に深く残りました。仁淀川の流れや周囲の山々の美しさに加え、会長さんの話されていた木材に対する思い入れの深さや、良い仕事を見せて頂き、うまく書けませんが大切なことを勉強させて頂きました。

・土佐漆喰のことが良く分かりました。木材所が懐かしかったです。

田中石灰さんでは、まるで食べ物を造るように産地や農薬の有無を確かめ作業されているのが驚きでした。

日曜市では大好物の小夏が沢山手に入って嬉しかった。

・出来上がった製品を見るだけでなく、そこにたどり着くまでの気の遠くなるような年月、思い入れ、努力を知れば、その材料を使える喜びや有難さを実感し、さらに自分の家が満足できるものになるのだと思います。貴重な経験となりました。

・途中で立ち寄ったお宅2軒(古民家再生)がとても興味深かったです。古くなっても使えるところは残して直す、今の風潮とは逆を行くようですが大事にすべきだと思います。