« 山と家を結ぶネットワークでつくる「木の家」フォーラム | メンバーの日記HOMEへ | 池川林材:自然乾燥O邸5 »

2005年9月12日

佐川プレカット:完成見学会

6月に構造見学会をした家の完成見学会が9/10・11にありました
佐川プレカットのヒノキと杉の乾燥材
6月構造
構造に地元の土佐杉と土佐ヒノキを使った家です。

9月完成
大壁の家なので、木の部分はほとんど壁の中へ隠れたのですが、チラッと見せるだけでも木の持つ良さと落ち着きさを感じれますね

投稿者 member : 2005年9月12日 17:59

コメント

確かに、建て主が木の家を望んでいるときは真壁の家も良いが、普通の人はそこまで望んでいない場合も多いのです。大壁にしながら、柱や梁をアクセントで見せることを考える必要があると思います。そうでないと、住宅建築の編集長が言っていたように、どれも同じ家になってしまい、建物の個性がなくなると思います。国産材を使うことは、建て主にとって本当の目的ではないのですから
奥池の家も土佐の杉を使っていますがベースは大壁です

投稿者 萩野 : 2005年9月20日 09:17

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)