« 土佐の木の家づくりの活動 | メンバーの日記HOMEへ | 佐川プレカット:土佐から香川へ »

2007年3月 1日

山の上の石積み再生

山の話ですが・・・
土曜日、さっちゃんから緊急連絡網がきて
「畑の崩れた石を、ボランティアで石積みするき!明日おばあの畑へ集合!」
ということで、家族で出かけた山のてっぺんの畑。
石工さん2人と前日から作業してたということで、親戚やら集まって着いたなり作業開始!
石積み中

作業前に、どんな状態になっていたのかすぐ近くの古い石積み見たら想像できる。
石壁が、膨らんできたら危ないって聞いたことあったけんど、
まっことこんな感じに膨らんで崩れるんやな〜と見て実感。
すぐ近くの崩れてきている石垣
私は役に立たないのでカメラマン。皆で、お昼の準備とお茶と火の番。
あと、木を切ったのを燃やして芋を焼いていたのですが
切り取った生木を入れたらどんどん小さくなっていった火・・・炭がパチパチ赤い程度になりヘルプ
「まぁ〜おまんらぁ火の焚き方も知らんのかよーーー!」と言う
さっちゃんの手っ取り早い火の起こし方を見て、べんきょう
ひばあにも芋の焼き方を指導してもらい
木やら草やら焼いて暖をとりました
芋の焼き方を指導するひばあ

山の上の畑
傾斜の急な畑のすぐ近くに植林されているヒノキや杉の木の葉っぱは真っ赤で
今は花粉の季節。花粉症の私はこの時期外へできるだけ行きたくない気分になるのですが
以外に症状が軽かって、やっぱり前にゆってたように
花粉と排気ガスの融合により花粉症の症状が重くなるのでは!?と確信しております
そう「風の谷のナウシカ」の胞子のよう!(笑)
・・・どなたか研究発表してくれんじゃろうか

投稿者 member : 2007年3月 1日 22:00