« 2006年4月 | メイン | 2006年6月 »

2006年5月21日

土佐の木の家づくりバスツアー2日目

ツアー2日目です!
地元なので、池川林材さんへ先回りしてました^^
今日も、晴れ!昨日に続いて暑くなりそうな感じです。でも山の中は、朝晩は冷えるんですよ
ゆの森での朝も空気がひんやりしてたのでは?
池川林材さん
バスが到着し、皆で工場内へ移動。
大きなヒノキを製材している作業を見せてもらいました。
工場内へ移動
製材
仕事は休みの日だったのに、見せていただきありがとうございました
事務所の中で、会長から木の家を長持ちさせる秘訣や山の事、池川林材のこだわっている木材の話を聞きお勉強。

風通しのよい倉庫
製品の倉庫に移動して、保管している外壁にも木をたくさん使っているのですが、注目は倉庫内へよく通気するようにしている事。
倉庫内の木材を見学しているときも、気持ちのいい風が吹き込んでいました。
池川林材さんが何年も寝かせて(?)大切に置いている木材をたくさん見せていただきました。
「お店のメインのカウンターになるような材いいもん置いてますよ〜」って、バブル期から嫁ぎ先を待っているそうです。 ざまな気の長い話だと思ったのは私だけかなぁ(^-^;)

この後、佐川から高知市内へは同行できず私はここでお別れとなったのですが、今回初めて参加された方はウナギ、司牡丹、土佐の日曜市でお腹もいっぱい土佐を満喫できたかな?
土佐の木材を使っていただけた方々には、ぜひ家の木材の故郷としてまた何度も足を運んでいただければ嬉しいです!
それではまたお会いしましょう^^

投稿者 member : 21:50 | コメント (1)

2006年5月20日

土佐の木の家づくりバスツアー1日目

数日大雨だったのですが、今日は晴天!よかった!
初夏の日差しの強い暑さでした
かつおタタキ
南国市で合流して、田中石灰さんへ移動
田中石灰工業さん
塩焼き工程
藁醗酵工程
旧石灰採掘現場
私、今回わらを醗酵しているところを見学するのは初めてで
鼻につくちょっと酢っぽいにおいに、
「牛小屋のような匂いですね」とつい言ってしまったのですが、田中さんが
「そのとおり、牛の腸にいる○○○の菌と、同じもので牛の×××の匂いで合っています」と説明してくれました
この醗酵が、粘りのある土佐漆喰の元で、またこの素材も
「もち米の藁では失敗し、やはり棚田の手刈りのものでないと」というこだわりを聞き、試行錯誤した工程で、また石灰と混ぜることにより匂いも無くなることに驚きました

土佐和紙博物館
時間があったので、土佐和紙博物館を見学。
2Fでは、流木展がやっていて帰りのお土産に流木の置物いただきました^^

佐川木材団地
佐川木材団地
佐川の木材団地では団地内の原木や作業工程、プレカットの手加工を見学。
事務所内では柱の寸法に関することを少しお勉強しました

コラボウッドT邸見学
時間をつくって、このBlogでも紹介しているコラボウッドのT邸も見学。
よう投稿がおいついてないのですが、
ウッドデッキや障子がはいっていて、完成見学会は来月の頭に予定しています

ゆの森お料理♪
今日は暑さで汗をかきゆの森で、お風呂を頂き美味しい料理と大正の竹内部長が持ってきてくれた「ダバダ」の栗焼酎をいただき、すっかり私までツアーを満喫してしまったのでした。。。(^-^)v

投稿者 member : 23:02 | コメント (0)

2006年5月15日

住宅用火災警報器について

6月には・・・
火災発生!(訓練)
消防法および市町村条例によりすべての住宅に
火災警報器等の設置が義務付けられます
消防庁CM http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/juukeiki/
新築住宅は、平成18年6月1日から
既存住宅は、市町村条例により施工時期が定められます。

住宅火災による死亡者数は急増していて半数以上が高齢者で全体の7割の原因は逃げ遅れということです。
天井取り付け式と壁取り付け式があるようで
天井式は、壁面からの取り付け位置は、火災警報器の中心を壁から60cm以上離す
梁などがある場合、火災警報器の中心を梁から30cm以上はなす
エアコンなどの吹き出し口付近の取り付けには、換気扇やエアコンの吹き出し口から1.5m以上離す。
壁面の場合、天井から15〜50cm以内に火災警報器の中心がくるように取り付け
という設置上の注意点があります。

住宅防火対策推進協議会
http://www.jubo.go.jp/

消火活動(訓練)
写真は、2005年12月実施した火災訓練の様子。

我が家の地域では、まだ町の方からの指示はないのですが
皆さんの地域ではどうですか?

うちは、もし災害が起きた場合
命一番家族で逃げるために、逃げ道は確認しています。
木材は、ある程度以上の厚さがあれば表面が焦げるだけで、なかなか燃えないというのは
庭で焼肉しててよく感じます。
燃えやすい新聞や葉っぱ(住宅の場合はカーテンやじゅうたんでしょうか)が着火の役割をし
徐々に、木材のふちから炭になります。中心まで燃えるにはかなりの時間がかかりますね
せめて逃げるまでは家に守ってもらいたい・・・そう感じます

この「住宅用火災警報器等の設置義務化」を利用し
不適正な価格(市場価格を超える高額な価格)で販売を行う
悪質な訪問販売業者もあるようです。
国の技術基準に適合しない住宅用火災警報器等は購入しないようにしましょう

投稿者 member : 11:53 | コメント (0)

2006年5月12日

土佐の木の家づくりバスツアー

土佐の木の家づくりバスツアー日程
5/20(土)
かつおタタキ
田中石灰工業見学
佐川町木材団地プレカット見学
ゆの森

5/21(日)
池川林材見学
近くの山見学
佐川町古い町並み見学
大正軒名物「うなぎ料理」
土佐の日曜市へ

今回、ワタクシ川村が案内させていただく予定です
土佐弁まじりな素人ガイドよろしくお願いします(=^_^)/
ちょうど、土佐二十四万石博が開催されているので日曜市と高知城、そして土佐二十四万石博・・・もお楽しみ☆

投稿者 member : 13:53 | コメント (1)